一般家庭に多く出没する害獣として知られるのがネズミではないでしょうか。ネズミは不衛生な場所を徘徊するため、体中にさまざまな病原菌を持っています。

人間にも影響を与えるウイルスや菌はネズミの尿や糞にも含まれているため、屋内に侵入したネズミを放置していると、移動しながら家中に病原菌を撒き散らされることになります。ここでは、ネズミが持つ病原菌の種類や、自分でできるネズミ対策などを紹介します。

ネズミが持つ病原菌の種類とは?

ネズミが媒介する病原菌の種類はたくさんあり、なかには人間の健康にも悪影響を与えるものがあります。

腹痛や下痢、嘔吐など食中毒を引き起こす「サルモネラ菌」もそのひとつです。特に、キッチンなどでネズミが持つ菌がばら撒かれると食材や調理済の料理などが汚染され、感染する可能性が高くなります。サルモネラ菌による致死率は低いですが、毎年2500名以上もの感染が報告されており、小さい子どもや高齢者など抵抗力が弱い人が感染すると重症化する恐れがあります。基本的には、食材を十分に加熱調理することで予防することができますが、まずはネズミがいない衛生的な環境を作ることが必要です。

また、ウイルス性肝炎の一種「E型肝炎」もネズミが媒介する病気であることがわかっています。E型肝炎は、一般的に病原菌によって汚染された食肉などから経口感染します。今までは日本での感染は比較的少なく、海外で感染することが多く見られましたが、ネズミによる感染例が増えているようです。妊婦がE型肝炎に感染すると症状が悪化し、なかには死亡するケースもあるので注意が必要です。
ネズミが持つウイルスの中でも代表的なものが「ハンタウイルス」でしょう。ハンタウイルスはネズミの尿や糞を通して感染し、頭痛や発熱、腎不全、出血などの症状が出ることで知られています。このウイルスの恐ろしい点は、明確な治療法がないため、対症療法に頼らざるをえない点でしょう。腎不全の症状が悪化した場合は、人工透析が必要になるケースもあります。

自分でできるネズミ対策

ネズミは繁殖力が非常に高いので、早めに対処しないとどんどん数が増えてしまいます。ネズミの弱点としては飢餓に弱い点が挙げられ、数日間何も食べないと死んでしまいます。そのため、部屋のなかでテーブルの上に食べ物を放置する、床に食べこぼしが落ちているなどの状態を作らないことが重要です。また、ネズミはダンボールをかじって穴を開けることができるため、食料品をダンボールに入れたままにせず、戸棚や冷蔵庫のなかにしまうようにしましょう。

すでに家のなかにいるネズミは捕獲しなければいけません。捕獲するための道具としては、粘着シートや粘着板、ネズミ捕りのカゴなどが挙げられます。これらの道具は、ネズミの好きな隙間や冷蔵庫、棚の上、ネズミの通り道などに置くことが基本です。ネズミの糞が見つかった場所周辺に置いておくのもいいでしょう。ただし、粘着板にくっついたネズミやカゴのなかで生け捕りにされたネズミは自分で処理しなければならず、気持ち悪くて触ることができないという人も多くいるようです。また、殺鼠剤を使用した場合も、ネズミがどこで死ぬのかわからないため、ネズミの死体が屋根裏や冷蔵庫の裏などで腐敗する可能性もあります。ペットを飼っている場合には、ネズミの死体を誤飲しないよう気をつけることも必要です。

ほかには、ネズミの侵入口を防ぐことも重要になります。1〜2cm程度の穴があればネズミは家のなかへ侵入することができます。特に、水道管やエアコンの配管、ガス管などの隙間などは要注意です。外壁が壊れている箇所は早めに修理し、シャッターはなるべく閉めるようにしましょう。さらに、ネズミが家のなかへ入ってくる理由としては巣作りが考えられます。新聞紙やダンボール、ティッシュペーパーなどが積み重なっている場所を好むため、なるべく室内に放置せず収納棚にしまっておくと安心です

ネズミ駆除の専門業者に依頼しよう

なんとか自分でネズミ駆除をしようと思っても、ネズミはとても動きが早く素人ではなかなか捕まえることが難しいものです。また、警戒心が強く学習能力も高いので、そう簡単には駆除することができません。

そこで、ぜひとも相談したいのがネズミ駆除の専門業者です。ネズミについての専門知識と豊富な駆除経験を持つため、ネズミの駆除や侵入口の封鎖などを一手に任せることができます。ネズミの死骸を自分で処理することに抵抗を感じる人は多く、またネズミはたくさんの病原菌を持っているため、死骸の除去時は慎重を期する必要があります。その点でもなるべく専門業者に任せたほうが安心です。
専門業者が行う駆除にはさまざまな方法がありますが、忌避剤を用いる方法や専用機材を使用する方法などが多く見られます。ネズミが嫌う電磁波や超音波を機械で発生させ、ネズミが住みにくい環境を作り出すという方法もあります。専門業者は状況を調査して最も効果的な方法を選択してくれるため、自分で試行錯誤するよりも大きく手間を削減することが期待されます。

まとめ

病原菌を多く持ったネズミは、不衛生な害獣の代表例です。放置しておくとどんどん数が増えるため、なるべく早めの対処が必要です。

警戒心の強いネズミはそう簡単に捕まえることができないので、専門業者に依頼するほうが賢明ですし衛生的です。業者によって駆除方法や費用なども異なるため、どんな方法で駆除できるのかなど気軽に相談してみましょう。