• 1935年から営業が始まり、83年間に渡って日本の食を支えてきた築地市場は、2018年の10月6日にその歴史を閉じました。トラブルが相次ぎ、豊洲市場への移転が一時ストップするなど、紆余曲折の移転騒動となりました。懸念されていた問題の一つとしてネズミ駆除の問題がありました。そこで、今回は築地市場閉場の裏側にあったネズミ駆除について紹介します。

  • 一般家庭に多く出没する害獣として知られるのがネズミではないでしょうか。ネズミは不衛生な場所を徘徊するため、体中にさまざまな病原菌を持っています。

    人間にも影響を与えるウイルスや菌はネズミの尿や糞にも含まれているため、屋内に侵入したネズミを放置していると、移動しながら家中に病原菌を撒き散らされることになります。ここでは、ネズミが持つ病原菌の種類や、自分でできるネズミ対策などを紹介します。

  • 住居内にネズミが出ると、巣をつくられたり家のものをかじられたりと、被害が広がるおそれがあります。住居内をネズミが移動すると非常に不衛生ですし、食品に細菌が付着するリスクもあります。

    ネズミの被害に困っている場合や、被害が出る前に予防したい場合、どのような対処方法があるのでしょうか。家にネズミが寄り付く理由や、寄せ付けなくする方法を紹介します。

  • 深夜、トイレに起きたら天井裏からパタパタという音が聞こえた、フンらしきものを見つけたという経験があれば、ネズミが住みついている可能性があります。実際に遭遇することはなくても、ネズミが家に住みつくとさまざまな被害が生じるため、早めの対策が必要です。

    そこで今回は、ネズミによる具体的な被害や追い出す方法、再発防止策について紹介していきます。

  • ねずみは家に被害をもたらす害獣として有名です。
    かじられたり、フンをされたりすることで、家は確実にダメージを受けてしまいます。
    おまけに、ダニやサルモネラ菌などをまき散らし、伝染病の原因となる場合もあるのです。

    そこで、ねずみの被害に悩んでいるという人のために、ねずみの生態や習性、さらには、それらを踏まえたうえでの有効なねずみ駆除の方法について解説していきます。

  • ネズミは様々な被害をもたらします。
    食べ物をかじられて起こる衛生的被害や電気コードなどの損壊、騒音やフン害や不快感と実にいろいろです。
    そんな困ったネズミの被害に遭って、害獣駆除の業者への依頼を検討している人もいるでしょう。
    また、殺鼠剤について知りたいという人もいるでしょう。

    殺鼠剤は、ネズミの駆除に用いる薬剤です。
    一般的にネズミの好物に混ぜて中毒死させるものですが、ネズミに種類があるように殺鼠剤にも種類があります。
    その違いや有効な使い方を紹介します。

  • ネズミは繁殖力が強く、個人で行うネズミ対策では解決が困難です。
    とはいえ、近年ではネズミ対策を行っている業者の数も増えましたし、市販の対策アイテムでも十分な効果が期待できるものが登場しています。

    そこで、こちらでは、個人でネズミ対策をするときに抑えておきたいポイントや、業者選びのコツなどについてご紹介していきます。

  • ある日突然、家の中でネズミと遭遇したら、どうしたらいいかわからずパニックを起こしてしまうかもしれません。
    落ち着いて対応するには、まずは敵を知ることです。
    ネズミについての基礎知識を持つことが、対策を立てる上で役に立つでしょう。

    人間に被害を及ぼすのは3種類のネズミです。
    それぞれの特徴と見分け方をご紹介します。

  • ネズミと言えば天井裏や床下、壁の中に潜んでいるというイメージが強いかもしれません。
    実はそれだけはなく、ネズミの侵入経路や住みかとなっているものがあります。

    それはエアコンの室内機と室外機です。
    どうやってネズミはエアコンの中に入ってしまうのでしょうか。
    その理由と対策を考えます。

  • 家のどこかでガサゴソと妙な音が聞こえたり、食べ物が食い散らかされた跡があったりしたら、それはネズミの仕業かもしれません。

    ネズミはいったいどこから忍び込むのでしょうか。

    その侵入経路を知ることは、対策をとる上で重要なポイントになります。


    まるで忍者のような、ネズミの侵入経路を特定する方法をご紹介しましょう。

  • 家にねずみが出てしまうと、柱や家具をかじられたり糞尿で悪臭がしたりと、大変困った事態になります。
    寄生虫や伝染病を媒介することも多いため、乳幼児や妊婦、免疫力の弱い人にとっては健康被害も深刻な問題です。

    種々の被害をもたらすねずみですが、そもそもなぜ発生するのでしょうか。
    原因をよく知り、発生しないように対策をしましょう。

  • 夜間や明け方に、天井裏や壁の中をカサカサと走り回る音がしたり、建具に削り取られたような跡があったら、ねずみがいる可能性があります。

    ねずみは寿命こそ短いものの、繁殖力が非常に強く、「ねずみ算」という言葉も生まれるほど数の増え方は急速です。
    そして家に住み着いてしまうと、人にとって衛生面や家財の破損、時には配線をかじって火災を誘発するなど、深刻な被害が生じます。
    ねずみの被害が特に増える時期や習性を知っておくことで、必要な対策を講じることが出来ます。

    本記事では、ねずみ被害の多い時期や種類ごとのねずみの習性、対策例などをご紹介します。

  • ねずみを見掛けただけでも迷惑ですが、特にエサが豊富な飲食店にとってねずみは天敵となる害獣です。
    ねずみが出現するだけでも衛生面での信頼を失ってしまうため、飲食店ではダメージとなってしまいます。

    閉店後には誰もいなくなることが多い飲食店では、ねずみには大変生活しやすい環境です。
    そのため家庭よりも、よりねずみ対策が必要となります。

  • ねずみ駆除は自力で行うと大変な労力を必要とするので、業者に頼むケースも多いでしょう。
    その際に、業者がどのような方法でねずみを駆除をするのか気になる人もいるのではないでしょうか?

    ねずみ駆除といってもそのやり方は様々で、業者によって変わってきます。
    ただ、ねずみ駆除には流れというものがあり、それは大まかに2つにわけることができます。

    それは、「今家に居るねずみを捕獲、殺傷、あるいは追い出す作業」と「これからねずみが入ってこないようにする作業」の2つです。

    それらを踏まえてこちらでは業者が行うねずみ駆除の方法をまとめていますので、気になる方はぜひご覧になってください。

害獣駆除なら全国どこでもお任せください! ネズミ・ハト・コウモリ・カラス・イタチ・モグラ・アナグマ・ヘビ・ハクビシンなど 日本全国、年中無休で対応、相見積りも大歓迎!! フリーダイヤル : 0120-409-060

メールでのご相談・お問い合わせ