• 人間にとって身近な鳥であるハトですが、その羽根やフンによって人間に健康被害をもたらす場合があります。そのため、ハト駆除は民家にとって大切な課題だといえるでしょう。撃退方法はさまざまであり、中にはユニークな試みも行われています。この記事では、ハトを駆除する重要性と具体的な駆除の仕方について解説していきます。

  • 街中で見かけることの多いハトは、身近な生き物として親しまれていますが、実はハトが持っている病原菌は人間に感染する可能性があるのです。

    自覚症状がないまま自然治癒することもありますが、免疫力が落ちている時などには重症化するリスクもあります。そのため、どのような感染症にかかるリスクがあり、どう予防するかを知っておくことが重要です。この記事では、ハトからの感染症とその対策について解説します。

  • 公園や駅周辺で多く見られる鳩、平和の象徴として穏やかなイメージを持っている人も多いでしょう。

    しかし、大量繁殖してしまうと人間にとって害になってしまいます。糞害や作物を食べてしまうなど害鳥になることもある鳩ですが、住宅敷地内に卵を産んでしまったらどう対処すればいいのでしょうか。この記事では、敷地内に卵を産んでしまった場合の対処法について解説します。

  • 鳩は「平和の象徴」と呼ばれることから穏やかな鳥というイメージがあります。
    しかし、実際には人間の生活に脅威をもたらす生態、習性があり「害鳥」になることも珍しくありません。
    被害が大きいようなら鳩駆除も真剣に考えましょう。

    ここでは、鳩の被害を詳しく説明し、駆除に踏み切る際の心構えについて紹介していきます。

  • 日本でも有名な鳥である「ハト」は、公園や駅、家のベランダなどでよく見られます。
    ハトは親しまれることもありますが、一方で被害が多いという実情もあります。
    群れる習性のために、集まったあとには糞の被害が残ります。
    さらに、その糞から喘息の病状を引き起こすなど、見目や汚れの問題だけではなく、人間へ様々な悪影響を及ぼします。

    そのためハトをなんとか撃退したいと考える人も少なくないでしょう。
    そうは思うものの具体的にはどういった行動を取ればいいのか決めあぐねている人のために、ここでは「鳩よけ」の手段を紹介します。

  • 近年、都心部では社会問題としても取り上げられているハトの被害。
    「家の周りにハトが居座ってしまい、糞などの被害が出て困っている」という人も多いでしょう。
    ハトの被害に遭ったとしても、日本には「鳥獣保護法」と呼ばれる法律があるので鳥を殺傷することは禁じられています。

    そこで今回は、自分でも手軽にできる鳩対策について紹介します。

  • 神社や公園で見かける鳩の姿は愛らしく、ほのぼのした気分になりますね。
    ところがその鳩が我が家のベランダに巣を作ったら、どんなことになるのでしょう。
    体長30cmを越える鳩は、なかなかの威圧感があります。
    何より困るのは鳴き声による騒音や、フンによる被害などが起こることです。

    そのような事態を避けるためには、どんな対策をとるべきなのでしょうか。

  • 平和のシンボルとされている鳩ですが、人間にとっては困った存在になることもあります。
    道路や建物へフンをしたり、時には人間の家に巣を作ることもあります。
    鳩は人間の近くで生活し、なおかつ個体数も多いので、被害も拡大してしまいます。

    そのような被害を防ぐ対策を考える前に、知っておきたいのは鳩とはどういう生き物かということです。
    鳩の習性を学ぶことからはじめましょう。

  • 鳩による被害は、とりわけ衛生面において深刻な被害をもたらします。
    しかし鳩は「鳥獣保護法」の指定動物のため、被害を受けたとしても殺傷することができません。,br> そのため、鳩を寄せ付けないための予防対策が必要です。

    現在は様々な対策グッズが発売されており、家の状況に合わせて選択できます。
    本記事では、鳩除けに効果的な対策グッズをご紹介します。

  • 一口に鳩被害と言っても、具体的にはどのようなことで困るのでしょうか。

    鳩の被害は、代表的なもので4種類に分けられます。
    それぞれ、人に与える被害はどのようなものなのか、詳しく解説します。

  • 集合住宅に住んでいても、バルコニーなどに鳩が飛来してしまい困ることがあります。
    特に、止まり木の少ない都心部ではマンションなどが鳩にとって生活しやすい環境になっているため、被害が多く発生しています。

    しかし鳩の防除には多くの場合、費用がかかります。
    賃貸住宅の場合、その費用を住人が負担するのか、管理会社や大家などの貸主が負担すべきなのかを巡り、大きなトラブルになることがあります。

    一般的に見られる傾向と、住人・貸主として出来る対策をご紹介します。

  • 一般的な害虫や害獣は、ワナを仕掛けたり毒餌を撒いたりして、殺処分したり追い払ったりすることがあります。
    しかし、鳥獣保護法における保護動物である鳩の場合は、それが出来ません。
    被害に遭っている人の多くが、専門業者へ依頼することになるでしょう。

    どの程度の被害状況かによりますが、鳩をとまらせない・侵入させないための「飛来防止対策」を提案してくれます。
    では、具体的にプロはどのような対策をしてくれるのでしょうか?
    詳しく見ていきましょう。

  • 日常生活に関係する法律はたくさんありますが、知っておかないと思わぬ所で「犯罪者」になってしまうものもあります。
    その中の一つに「鳥獣保護法」があります。

    この法律は害獣被害、例えば鳩の被害に遭った場合にも留意する必要があります。
    知らないうちに行動してしまうと、意図せず法に触れてしまう場合があるのです。

    今回は鳥獣保護法について、また同法に関連して鳩を駆除する際に注意しなければならない点について解説します。

害獣駆除なら全国どこでもお任せください! ネズミ・ハト・コウモリ・カラス・イタチ・モグラ・アナグマ・ヘビ・ハクビシンなど 日本全国、年中無休で対応、相見積りも大歓迎!! フリーダイヤル : 0120-409-060

メールでのご相談・お問い合わせ